イオンモバイルのファミリー向け格安SIMプラン

イオンモバイル(イオンスマホ)は、その名の通りイオン株式会社運営のMVNOです。元々は日本通信の販売代理店だったのですが、2016年にイオンモバイルとなりました。イオンのモバイルとしてのメリットは全国のイオンの店舗で購入できる、つまり販売網が大きくサポートを受けやすいことです。お買い物ついでにサポートも購入もサポートも受けられると思うと、最高のファミリー系かもしれません。

 

イオンモバイルのシェアプラン

イオンモバイルのシェアプランは「シェア音声プラン」です。4GBを月額1780円からスタートして6GB・8GB・12GB・20GB・30GB・40GB・50GBと小容量から大容量まで網羅されています。最低限で抑えたいところから、動画をたくさん見たりするヘビーユーザーまで利用しやすいですね。最大4枚までのSIM追加が可能で、データSIMに通話やSMS機能を追加することもできます。家族でシェアするだけでなく、タブレットなどにも使えるので便利です。SIMの追加手数料は1枚3000円かかります。プラス、1枚追加する毎に音声SIMは700円、SMS付は140円、データ通信のみは0円プラスになります。3枚目以降の追加になると、利用料金として1枚月額200円かかりますので、枚数と料金は注意しましょう。2017年5月よりシェア音声プラン契約でも一人5回線までの上限となります。各シェアプラン毎では音声回線が1回線のみとなります。家族でのデータシェアはできますが、各SIMの名義は全て統一している必要があります。シェア音声プランの申込店舗は「ご契約即日お渡し店舗」のみになります。

追加SIMの料金の仕組み

SIMカード追加枚数 初期費用 月額料金

 

1枚目 3000円 シェア音声4GB 1780円
シェア音声6GB 2280円
シェア音声8GB 2980円
シェア音声12GB 3580円
シェア音声20GB 4980円
シェア音声30GB 6380円
シェア音声40GB 8280円
シェア音声50GB 11100円
2枚目 3000円 音声+700円 SMS付+140円 データ0円
3枚目 3000円 音声+700円 SMS付+140円 データ0円
4枚目 3000円 音声+700円 SMS付+140円 データ0円
5枚目 3000円 音声+700円 SMS付+140円 データ0円

 

保証もサポートもセキュリティも家族のために

大人でも子供でも結構やってしまう水濡れや落下。こちらを月額350円もしくは450円負担して4000円で交換するというのが「イオンスマホ安心保証」です。また、家族の中にスマホについて詳しい人が一人もいないとなると、肝心な初期設定をする人がいません。初期設定等ができないと、スマホは宝の持ち腐れ状態になってしまいます。これを解消するのが操作サポートや遠隔・出張サポートをしてくれる「イオンスマホ電話サポート」です。こちらは月額300円。「イオンスマホセキュリティ」は月額150円でウィルススキャンやパケット使用量などをチェックしたりできます。この三つを全部つけると月額800円になってしまうので「せっかく格安SIMが低料金ではなくなってしまう」と思ってしまいます。そこで、スマホもセットならarrowsM03で月額600円で利用することができます。

 

もっと家族のために子供の安全や通話

ファミリー向けには子供用の安全を考える必要があります。そこでイオンモバイルは「子どもパック」としてスマモリやスマートフォンセキュリティの他人気の学習アプリまで入って月額150円というオプションがあります。また、メールやチャットなど文字を打っているより話した方が早い!というご家族のために、「イオンでんわ」として一律10円/30秒で利用できるアプリがあります。「イオンでんわ5分かけ放題」というのは5分以内国内通話かけ放題になります。こちらは月額850円です。