格安SIMの子ども用 常時安全セキュリティ24モバイル

格安SIMのMVNO「NifMo(ニフモ)」は、インターネットプロバイダーとしては有名処のniftyが運営しています。老舗プロバイダがバックということで安心感があります。そこでもちろん格安ですから基本には入っていないものの、セキュリティもバッチリです。NifMo利用者ならば申し込める『常時安全セキュリティ24モバイル』とはどのような機能でしょうか。

 

常時安全セキュリティ24モバイルとは

NifMoの『常時安全セキュリティ24』は、1つのniftyIDにつき、1台利用可能になっています。20歳未満、または18歳未満の場合はファミリープランの親ID会員が子ID会員として作成します。18歳未満の場合、青少年インターネット環境整備法によりフィルタリング機能は必須なので、これを申し込まない場合は違うフィルタリングサービスを利用するとみなされます。外部サービスではあるものの、ウイルスバスターモバイルや、iフィルターforマルチデバイスというような代表的サービスを導入する方もいます。『常時安全セキュリティ24』は、セキュリティアプリで、月額200円と登録が必要です。危険サイトへのアクセスブロックや、位置情報、紛失時の遠隔ロック等々盛り込まれています。OSはAndroid専用になっています。

 

常時安全セキュリティ24の機能

セキュリティといっても、内容は確認しておかないと「これは網羅されてなかったの?」と後でビックリということに。常時安全セキュリティ24の機能内容も確認して、もし足りないと感じた場合は他のウィルスバスターモバイルや、iフィルターforマルチデバイスなどを使用したりしています。

対策分野 機能 内容
ウィルス・スパイウェア ウィルス対策 ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、ボット等から端末保護。ヒューリスティックスキャン搭載で、未知の脅威にも対応します
リアルタイム保護 ウイルス定義ファイル・ふるまい検知対策の他に、最新のウイルスや脅威にリアルタイムで対応。
自動スキャン 自動スキャンの内容→・アプリのインストール時とアップデート時
・アプリ実行時
・ファイルを開く時と保存する時
・指定のスケジュール
手動スキャン 手動スキャン内容→・端末全体の完全スキャン
・インストール済みアプリのスキャン
・端末およびSDカード内の指定フォルダに対するスキャン
定義データベースとプログラム自動更新 ウイルス検知等をするための定義データベースとプログラムをアップデートする
Web脅威対策 アクセスブロック フィッシングサイト、詐欺行為を行うオンラインショップなど、危険なウェブサイトへのアクセスをブロック
SMSリンクチェック 受信したSMS内に含まれるすべてのリンクを検査。フィッシングサイトなどの悪意のあるサイトへのアクセスをブロック
フィルタリング インターネット利用時、有害なサイトを表示しない設定
パスワード設定 盗難対策機能、Webフィルタリング機能に対してパスワードを設定できる
着信・メールフィルタリング 迷惑電話ブロック 迷惑電話のブロック。着信の許可・拒否を個別に設定。
迷惑SMSブロック 迷惑メール(SMS)のブロック。受信の許可・拒否を個別に設定。
連絡先・履歴非表示 指定した連絡先の情報やその連絡先とのやりとり(通話履歴・メール等)を表示しないように設定。
盗難・紛失対策 遠隔ロック 置き忘れ・紛失時、他人が利用できないよう遠隔操作で端末ロック。
データ消去 置き忘れ・紛失時、遠隔操作で端末にあるデータを消去。端末にある重要な情報の悪用防止。
GPS追跡 GPS機能で端末位置をパソコンで地図表示して確認
遠隔アラーム 遠隔操作で端末のアラームを鳴らすことができます。
遠隔撮影 端末のカメラを遠隔操作して写真を撮影することができます。現在どのような状況下なのかが分かります。
SIMカード監視 置き忘れ・紛失したスマホのSIMカードが差し替えられた場合、新しいSIMカードの電話番号情報をメールで送信して、端末ロックができる
Web管理画面 紛失・盗難対策機能をパソコンなどのWebブラウザー上から実行できます。また、操作ログや、紛失・盗難対策機能の動作結果の確認もできます。
その他 スマートウォッチによる端末管理 Android Wear搭載のスマートウォッチを利用して、端末の保護ステータスの確認、定義データベースのアップデート・スキャンの実行、端末の捜索を行うことができる

 

ファミリープログラムとファミリープランでの利用

Niftyのプラン「ファミリープラン」を元にしたNifMoの「ファミリープログラム」は支払いまとめやファミリーおまとめボーナス、シェアプランなどが利用できます。その中でも子どもにスマホを持たせたい場合には20歳未満未成年でも利用できるファミリープランが便利です。親ID会員(支払い者)が子ID会員を作成して、子ID会員でNifMoを新規契約できます。18歳未満の場合は青少年インターネット環境整備法によってフィルタリングなどの必要が生じますが、これをNifMo申込と一緒に「常時安全セキュリティ24モバイル」を申し込みます。子IDは最大6個作ることができるので、子どもから祖父母まで網羅可能にさせてくれます。データ量をシェアすると不便を感じるという方は、単独でデータ量を使うこともできるので、プランを確認してみましょう。