格安SIMで活用子ども向け iPhone 保護者機能 とは?

Docomo系iPhoneやSIMフリーiPhoneであれば格安SIMが使えるので、人気のiPhoneも子どもが月額格安で使うことが可能です。問題は大手通信キャリアであればフィルタリングなどのオプションが自動的についてくるものが、格安SIMでは保護者が設定しなくてはならないところです。「フィルタリングなんて、子どもが気をつければ要らないのでは?」ともいかないのは、子どもが安全安心して携帯を使えるようフィルタリングする義務が生じているからです。では、iPhoneを子供向けにするための保護者機能はどのようなものがあって、どのように設定すれば良いのでしょうか。

 

iPhoneの保護者機能とは?

スマホは保護者機能もアプリで設定という感じがしますが、日本製ではないApple社のiPhoneはその基本設定の中にも色々な保護者設定を有しています。機能制限は非常に便利な設定ですが、子どもにパスコードを知られてしまうと解除されてしまい、何も制限がかかっていない状態になってしまうのが注意ポイントです。

機能 設定の内容
機能制限(ペアレンタルコントロール) iPhoneで利用できる各種機能やサービスを年齢に応じてOFFします
フィルタリング 機能制限で一定のフィルタリングが可能です。Safari設定での詐欺Webサイトの警告もあります。足りない場合はi-フィルターfor iOSなどのブラウザアプリを使用します。
YouTubeの細かい設定には、一定の制限ができるアプリ「テベリ」などがあります。
位置情報 「iPhoneを探す」は盗難紛失時が本来ですが、保護者がAppleIDを管理することで位置情報が管理可能です。
「友達を探す」機能でAppleIDを保護者が把握していなくても位置情報共有可能です。
アプリやアイテム購入金額の制限 機能制限で「インストール」「App内での購入」をOFFにします。
クレジットカードでの登録はせず、iTunesカード(プリペイドカード)での購入・課金制にするとお小遣い範囲内での使用が可能です。

 

「友達を探す」機能とは

iOS7から「友達を探す」純正iOSアプリはパワーアップしました。「iPhoneを探す」だと、相手のAppleIDを知っていることが必要ですが、こちらはお互いが相手のメールアドレスで登録しての使用になります。設定の位置情報はONにして、許可した相手であれば、iPhoneだけでなくiPadでも居場所確認が可能です。子どもの居場所を確認したり、子どもの迎えなどで双方が確認をし合うということにも使えます。また、相手が移動したら通知することや、子どもが自宅に到着したら知らせるという機能もあるので、これが基本アプリになっていることはかなりお得といえます。

 

ファミリー共有でiPhoneも親子

iOS8からiPhoneは「ファミリー共有」ができるようになりました。ファミリー共有とは、本来一人ひとりが一つずつ独立したアカウントを持っているところ、家族で一元化して管理するものです。ファミリー共有のアカウントには、親アカウントと子アカウントがあり、親アカウントはファミリーのアカウントの支払いや決済の権限を持ちます。家族の親アカウント以外は一人ひとり子アカウントが割り当てられます。「この音楽やアプリが欲しい」となった場合、子アカウントは親アカウントにリクエストを送り、承認を得て購入完了です。もし親アカウントがリクエストを拒否した場合、購入は却下されるのでアプリの課金などのトラブルを未然に防ぐことができるのです。ファミリー共有は位置情報をONにしておけば家族がどこにいるか確認することができます。Andorid用のスマモリアプリほどのモニタリングではないものの、家族全員でiPhoneという場合には有効な保護者機能といえるでしょう。