格安SIMの子ども用 スマモリとは?

「子どもにスマホを持たせよう!」と思い立った親御さんの心配は、色々なネット上のトラブルです。フィルタリングは親の義務としても、SNS上でのイジメや炎上、悪質なサイトへのアクセスも心配です。また、スマホにゲームをたくさんダウンロードしてしまい、課金や長時間スマホで遊んでいるという事態も発生しがちです。「1日何時間まで」と言ってもなかなか守られないところですから、時間制限とかできればいいのにと思うものです。できれば位置情報とか、緊急状況なども知らせて欲しい。そんな盛りだくさんな心配を解消すべく一般的なアプリが「スマモリ」です。

 

アプリ「スマモリ」の機能とは

スマモリでは、どのような機能があるのでしょうか。必要とする機能が揃っていれば、月額400円でスマホがキッズケータイみたいになります。

機能 機能の説明
日別レポート 合計使用時間(平均使用時間)や使用したアプリ、アクセスしたサイト、インストール/アンインストールしたアプリを日別で確認が可能です
週別レポート 合計使用時間(平均使用時間)や使用したアプリ、アクセスしたサイト、インストール/アンインストールしたアプリを週別で確認が可能です
使用時間の制限と管理 曜日ごとに1時間単位で使用時間を制限可能です。休日と平日で使い方が分けられます
サイトアクセス制限 カテゴリごとに、サイトアクセスを制限します。個別に指定したサイトを制限することも可能です
アプリの制限 カテゴリごとに、アプリを制限します。個別に指定したアプリを制限することも可能です
決済・アプリ内課金購入制限 ショッピングサイトでの購入、アプリ内での有料商品購入や課金を制限
緊急状況モード 災害時等の緊急時に、使用時間制限機能を一定時間解除可能にします
位置情報確認 GPS機能を使用して子どもの現在地を確認することができます
歩きスマホブロック 歩行中のスマホ操作を感知して、警告画面を表示して歩きスマホを防止します
家族間メッセンジャー スマモリ専用のメッセンジャー機能を利用可能ですが、保護者は管理ツールを必要とします。

 

スマモリを導入しているMVNO

スマモリを個人でアプリダウンロードする方法もありますが、MVNO自身が積極的に導入している場合もあります。この場合、普通にダウンロードするよりもお得になる場合もあるので、スマモリをダウンロードして子供用スマホにすることを仮定しているならば、月額の点からしても検討の余地ありです。

MVNO プラン 月額
mineo ジュニアパック=スマモリ他11個のアプリが使い放題になります。中にはFilii Liteなども。 月額200円
イオンモバイル スマモリforイオン=イオンスマホ親子セット購入後Myページよりダウンロード。保護者用はGooglePlayよりインストール 親子セットで24ヶ月無料、25ヶ月目以降月額371円です。

 

スマモリの注意点

スマモリの最大の注意点は、子ども用アプリがiOS版がないことです。Android版なるので、機種の選択を注意しましょう。保護者用の「スマモリ管理ツール」はiOS版もAndroid版もあります。会員登録が必要ですが、管理者側が初回1度登録すれば、子供用は登録する必要がありません。

 

スマモリの評判

スマモリは広く使われているので、評判も色々です。役立っているという声には、位置情報やアプリ制限、歩きスマホなど親が気になるところが色々設定できるのが助かるようです。子どもがずっとスマホを離さず遊んでいる場合にも時間制限が役立っています。設定が細かくできるというのも評判が良いです。一方で、子ども側で解除できてしまうというのが難点です。規制しているはずなのに使い放題になっていたり、居場所を調べても無反応だったり。また、使えない機種があるようなので「すべての機種に対応」といっても注意が必要なようです。動作的にはちょっと不安定かな?というのが使用者の感想ですが、動作に問題がなければ、内容は使い勝手が良いものになっています。