子ども向けアプリ一覧

子どもに持たせるスマホですが、大手通信キャリアでは色々なオプションをつけて、不足なく揃えてくれるものです。特に子どもが扱う携帯には過不足無く設定されているものです。しかし格安SIMの場合、SIMのみを購入すると後は親が子どものスマホをカスタマイズすることになります。つまり、キッズケータイを一からアプリを選択して設定していくのです。では、どのような機能が必要で、どのようなアプリがあるのでしょうか。

 

フィルタリング機能があるアプリ

まず第一にダウンロードするアプリは、法律的にも青少年に必要とされているフィルタリング機能です。これにより悪質なサイトや詐欺などから子どもを守ろうとうものです。

アプリ名 機能や特徴 単独でダウンロード月額
スマモリ フィルタリング・使用時間制限他 400円
i-フィルター フィルタリング・ブロック機能 350円(LINE mobilなら0円・iijmioは360円)
Filii SNS確認できる 300円
TONEファミリー(あんしんインターネット) フィルタリング機能でブロック TONEモバイル。保護者も一緒だと0円、子ども単独だと200円
まもるゾウプラス チャイルドガード 99~1500円
ウイルスバスターモバイル 有害サイトアクセス制限等 1年3065円(月額256円)
ノートンファミリー 有害サイトアクセス制限等 1年3790円(月額316円)
カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android 有害サイトアクセス制限等 1年3024円(月額252円)

Mineoのオプションであるジュニアパックなら、スマモリ・i-フィルター・Filii Lite他がついて月額200円です。また「スマモリforイオン」なら親子セットで申込で24ヶ月無料、25ヶ月からは371円になります。

 

位置情報機能があるアプリ

子どもの位置情報は親にとってとても気になる情報です。しかし同時に子どもにしてみるとプライバシーがないような、いつも見張られているような気分になるものです。上手に使って子供を犯罪やトラブルから守りたいものです。

アプリ名 機能や特徴 単独でダウンロード月額
スマモリ 400円
i-フィルター 350円
Filii SNS確認できる 300円
TONEファミリー(あんしんインターネット) 保護者も一緒だと0円、子ども単独だと200円
まもるゾウプラス 99~1500円