子どものスマホのフィルタリング機能

平成21年6月に「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が制定されました。これは青少年のネット使用を適切に活用する能力の習得に必要な措置を講ずるという主旨もありますが、有害情報をフィルタリングして閲覧する機会を少なくするための措置になります。保護者はインターネットにおいて青少年有害情報が多く流通していることを認識し、フィルタリングソフトウェアの利用などでネット利用を適切に管理します。

 

有害情報とは?

一口に有害情報といっても色々です。法律の中では、

1.犯罪若しくは刑罰法令に触れる行為を直接的かつ明示的に請け負い、仲介し、若しくは誘引し、又は自殺を直接的かつ明示的に誘引する情報

2.人の性行為又は性器等のわいせつな描写その他の著しく性欲を興奮させ又は刺激する情報

3.殺人、処刑、虐待等の場面の陰惨な描写その他の著しく残虐な内容の情報

としていますが、ワンクリック詐欺やサイトに繋がると高額請求されたりするものなど、守るためのネットの技術が進むとあの手この手で悪質なものも増えているのが現実です。

 

i-フィルターのフィルタリング

ネットトラブルにあった子供は、なかなか親は言えずに悩み抱えていることが多いです。そこで、子どもを離れた場所からでも利用状況をメールで受け取ることもできるのは大きなトラブルになる前に子どもを守る手段といえるでしょう。もちろん無料のフィルタリングソフトも世の中にはありますが、細かい設定ができなかったりして利用したいサイトまでブロックしてしまうことがあるので、日常のことですからしっかしりたソフトが良いでしょう。i-フィルターは格安SIMのMVNOでも一般的にオプションに入っていて、メジャーなところです。パソコンでもスマホのiOSでもAndroidでも使用でき、1台1年版で4320円です。Mineoなどの格安SIMのMVNOのオプションであれば月額350円で利用できます。

 

「スマモリ」のフィルタリング

子どもの安全を守る安全総合アプリの中では利用が多い「スマモリ」にもフィルタリング機能があります。遮断するものをカテゴリ設定できるので、アダルト・出会い系・違法行為、自殺暴力・ローン消費者金融・・等々禁止・許可をチェック設定していきます。サイトカテゴリやアプリカテゴリで個別で遮断も可能です。こちら月額400円利用です。イオンモバイルのオプションならば、11本アプリがパックされている「子どもパック」を月額150円で使用することができます。

 

Filii(フィリー)のフィルタリング

子どもがが利用するSNSやスマートフォンの利用データを取得し分析します。 問題の早期発見、情報の要約と集約、状況の見える化を実現。 親子で分析結果を共有することで、危険に気づき、対処することができます。出会い系や犯罪に巻き込まれる「可能性」から察知してアラートしてくれるような事前通知をしてくれるところが優れものです。以前は無料で利用できましたが、現在は月額400円です。イオンモバイルなどのオプションではスマモリと同様「子どもパック」月額150円に組み込まれています。

 

TONEファミリーWebフィルタリング

子ども用スマホに人気があるTONEファミリーにもフィルタリング機能があります。新しく登場した「あんしんインターネット」には、子どもが安全で安心して使用できるよう有害サイトをブロックしてくれます。設定では小学生モードから中学生・高校生・フィルタリングを解除までモード設定できます。さらに、アクセス禁止ページにアクセスしようとした回数や総利用時間やアクセス先ジャンルも確認できます。

フィルタリングモード 小学生 中学生 高校生
違法・不法行為 制限 制限 制限
出会い・アダルト・暴力・ギャンブル・飲酒・喫煙 制限 制限 制限
フィッシング・ウイルスなど、セキュリティに問題のあるサイト 制限 制限 制限
SNS・掲示板など 制限 制限 制限
グラビア・オカルト・懸賞 制限 制限 許可
ゲーム・占い・電子書籍・動画配信・芸能情報 制限 許可 許可
ショッピング・オークション 制限 許可 許可
Webメール 制限 許可 許可