子どものスマホに必要な機能やアプリは?

子どものスマホ利用率も多くなり低年齢化しています。それはゲームなどだけでなく、調べ物や家族との連絡ツールとしても多用されるようになったからでしょう。親子共その必要性を感じる場面が多くなったといえます。ところが、やはり子どもではネットトラブルに巻き込まれてしまうケースが多く、それは増加の一途を辿っています。うっかり有害情報サイトにアクセスしてしまったり、高額請求をされたり、見知らぬ人と接触することになってしまったり。そうした時に親にも言えず一人悩んだりする子どもが多いのです。また、最近は個人情報の流出によるトラブルも目立ちます。名前や顔写真、学校名などは大切な個人情報です。流出しないために、まずは子どもに言い聞かせる必要があります。友だちなどにメールやメッセージの強要や誹謗中傷によって被害者としてだけでなく、加害者の立場にならないということも必要です。

 

スマホを親がプロデュースして子どものスマホにする

大手通信キャリアのdocomoやauなどからスマホを購入する場合、利用者が18歳未満の場合「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」に基づいて、フィルタリングの設定などをします。格安SIMの場合は子供用のスマホなどが特にあるわけではないですし、SIMカードのみを購入することが多いので購入する親が設定することになります。つまり、親が格安SIMを挿入したスマホを子ども用にプロデュースするわけです。必要なところを強化し、必要でないところは踏み込めないようにします。

 

子どものスマホに必要な機能

子どものスマホに必要な機能を具体的に知っておきましょう。購入する格安SIMにどのようなオプションがあるかを調べるのにも役立ちます。

おきやすいトラブルと理由
【重要】フィルタリング機能 アダルトサイトや出会い系など有害サイトへのアクセスをブロックすること
セキュリティ機能 SNSなどで危険性がある単語などに反応してアラート。個人情報流出なども防ぎます。
インストール制限 有料アプリや課金を管理制限するため、インストールは親へのリクエスト通知制になります。
位置情報確認機能 現在子どもがどこにいるのか、乗り物に乗っているかなど示します。
使用時間制限 スマホでずっと遊んでいたりということがないように時間制限します
利用状況確認 モニタリングレポート。
歩きスマホブロック 歩きながらの利用をブロック。
年齢設定 18歳未満でも小学生から高校生まで設定を変化できる機能

 

上手に子ども用にしていくために

子どもがスマホを使用することは悪いことではありません。トラブルに巻き込まれたり、それによって被害や加害者になることがあったりすることで、子どもが傷つくことを防止する必要があるだけです。突然高額なスマホ費用がかかってしまったなどということも十分有り得ます。しかし当の子どもからすればモニタリングなどの機能が、せっかくの自分のスマホなのに「プライバシーがない」と受け取ることが多いです。アプリのインストール申請や時間制限なども「自由がない」と感じることでしょう。子どもと話し合った上で導入しないと、例えばフィルタリング機能などの暗証番号を知られてしまい全然役に立たなくなってしまったというようなことが起こります。親と子どもが納得した上で機能設定していくことが上手に子供用スマホを作っていくことになります。