子どもにも安心 TONEモバイル

親が子どもに持たせたいナンバー1格安SIMスマホは「TONEモバイル」です。何しろ「子ども会推奨」商品として認定されたり、見守り機能は「東京都推奨」になりました。さらにTONEファミリーは「九都県市推奨」になっています。子どもにスマホを持たせる心配する親のために作られたかのようなTONEモバイル。子どもを見守る、安全に使用するという点について充実しているといえます。オプションは子供向け納得の内容ですが、価格的には1基本プラン容量無制限というシンプルで格安です。

 

安全と安心を子どものために_ウィルスチェックオプション

TONEモバイルは子供向けにも安全や安心で使えるよう色々なアプリを用意しています。「ウィルスチェック」もその一つです。端末の中に危険なウイルスを含むアプリがないか検知したり、疑いのあるアプリをアンインストールを促したりします。「インストールやアップデートの時に分かったらいいのに」という方のためにリアルタイムガード機能もあります。「そういえば全然スキャンするのを忘れていた」という場合のために自分でスキャンするタイミングを定期的に入れられるスケジュールスキャンもあります。

 

安全と安心を子どものために_TONEファミリーオプション

一番評価が高いのがTONEのファミリーオプションです。子どもだけでなく、高齢者を含めた家族にも有効です。親子で加入すれば、月額が無料というのが魅力的。機能としては「TONE見守りアプリ」をインストールすることで現在地の確認やアプリの利用状況確認、乗り物移動通知などもあります。残念ながら物騒な世の中で、子どもの連れ去りなどの心配がつきないものです。かといって、ずっと親がつきっきりというわけにもいきません。居場所確認は子どもが安全に目的地についているか、帰りが遅い場合どこにいるのかなど確認が可能です。子供がゲーム熱中しすぎて有料アプリや課金しすぎないようにリクエスト制になっています。時間制限もできるので、隠れてずっとゲームをしていたとか、LINEしていたなんてことがないようにしていきたいものです。よくある「ログインして確認するのが面倒」という保護者の利用のしづらさは、ダッシュボード機能で解消されています。最近問題になっている「歩きスマホ」も心配ですが、アプリのプッシュ通知で受け取れます。面白い機能としては「エアノック」です。画面に出てくるドアの絵をコンコンとノックすると相手のTONE端末でもコンコンとドアが鳴ります。5回叩くと緊急連絡モードになりますので、話しができない状態での緊急連絡にはかなり有効です。緊急連絡モードでは相手のTONE端末がマナーモードに設定されていても解除して音を鳴らすこともできます。親子でTONEモバイルにすると防犯上などでもかなり機能が使えます。

 

家族間コミュニケーションとりやすいように

IP電話サービスの050番号を利用できます。一般の固定電話や携帯電話との発着信が可能になります。また、TONEのIP電話同士や一部提携先の050番号間であれば無料通話が可能です。家族間で「電話代もったいないから切るよ!」なんてことがありません。