子ども向け おススメ格安SIM 厳選2選

最近の子供達はあれこれ忙しく、部活動や習い事や塾など学校以外では親や友達との連絡手段としてスマホが必要となる場面も多くなりました。スマホを持つことによって、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性や、また、スマホに夢中になり手放せなくなる心配など、あれこれ不安な点が多いですが、連絡手段はもちろん、位置情報なども役立ちます。

 

子供におススメの格安SIM その1
「TSUTAYAのTONE」

格安SIMとスマホのセット販売をしているTONEモバイル(TSUTAYA)は、まさに子どもたちの安全を守るためのスマートフォンです。TONEモバイルは、回線(SIM)や端末のみでの販売は行ってなく、回線(SIM)とオリジナル端末のセット販売のみとなります。

しかしながら、料金は驚くほど安く、契約時は端末代と事務手数料、基本プランで月額1000円と通話オプション料になります。

一番の魅力は見守り機能アプリ「TONEファミリー」です。現在地の確認、利用状況の確認、乗り物移動を通知するなど、親が見守りに欲しかった機能が満載です。あらかじめ端末に入っているアプリ「TONEストア」からダウンロードできます。iOSにもAndroidにも対応しています。

TONEモバイルが提供する「あんしんインターネット」はネットを子供が利用時にアダルトサイトや出会い系、違法情報を掲載する有害サイトへのアクセスをブロックしてくれます。「利用時間制限」というのもあり、一日6時間までとか、土曜日は制限無しとか利用時間を30分単位で細かく設定できます。

また、心配な有料アプリやアプリ内課金ですが、TONEモバイルでは全ての課金をダメというわけではなく、親に「リクエスト」して許可されると、初めてアプリインストールできるという許可制になっています。これにプラスして、防犯ブザーアプリなども入れると良いですね。

 

子供におすすめの格安SIM その2
「LINEのカウントフリープラン」

月額500円で使えるLINEモバイルのLINEフリープランですがデータ通信量はわずか1GB。しかしLINEアプリでの通話やトークは高速で使い放題です。

わずか1GBというデータ通信量が子供のスマフォ中毒を防止に使え、ゲームやり放題とか動画見放題などを制限できます。子供に持たせた場合「これぐらい見たり遊んだりするとダメなんだ」ということが速度制限によって分かってもらえます。

LINEフリープランならば1GBを超えても、友だちや親とのLINEでのやりとりは通常通り高速通信なので支障なく使えますので便利です。実際、格安SIMのほとんどは、キャリアのように「かけ放題」というのが少ないので、ほとんどがLINEなどの無料通話が中心になります。この点、子供にとっても親にとっても嬉しいところです。

また、契約者と利用者を分けて契約できるので、利用者が子供で18歳未満の場合はID検索ができなくなるので一つ安心材料です。

 

Android用見守りアプリ「スマモリ」

Android端末専用ですが、月額400円で見守りアプリが利用できます。見守りアプリ「スマモリ」の機能としては、アプリの使用時間制限・遮断アプリ設定や許可アプリ設定・課金ブロック・スマモリ専用ブラウザ以外の使用ブロック・モニタリングレポート・フィルタリングレポート・緊急時制限解除モード・歩きスマホブロック・位置情報確認・スマモリ専用の家族間メッセンジャーなど十分すぎるほどです。「スマモリ」が利用できる格安SIMは、それだけでおススメできます。

電話機能には制限がありませんが、こちらはLINEを入れて無料通話で話せばもんだありませんが、音声通話回線を利用して電話をすると30秒で20円の高額料金が適用されてしまうので注意です。

スマモリは、公式サイトから無料会員登録をしてライセンスを購入します。スマモリを子供のスマホにインストールし、親のスマホにはスマモリ管理ツールアプリをインストールします。格安SIM搭載のスマホにスマモリをインストールして月額400円というと、キャリアのキッズケータイなどより格安でしょう。